女将の視点│大正14年山口県萩市で創業した純和風旅館│萩の宿 常茂恵

萩の宿 常茂恵

萩の宿 常茂恵

トラックバック

--------


◆宿泊日

◆ご利用人数

携帯サイト

宮島ホテル まこと

パンくず ホーム パンくず女将の視点パンくずアメリカの写真家サム・エイベルさんの言葉

アメリカの写真家サム・エイベルさんの言葉

私は、1980年に日本の萩という小さな隔離された都市で5週間過ごしました。

名目上は、萩の古さを呼び起こし、そして最も有名な市民、革命的な愛国者

であり教師であった吉田松陰の物語を語るために萩に滞在しました。

しかし、私は日本国自体の魅力に魅せられたのです。そのことというのは、

一魚が分類される方法、金銭が数えられる方法そして日々の生活の物事を整理

する方法等毎日の日本人の生活の中にある日本人のマナーを言っているのです。

私が賞賛し、共鳴する日本人の生活に、天性的と思える美学があります。

その美学は、私の滞在していた小さいが伝統ある旅館常茂恵以外に維持されている

ところはなかったのです。毎朝、私は本質的な日本を探し求めて宿を出ました。

しかし、そうする理由は本当はなかったのです。私の探している日本は、

常茂恵旅館の木造の塀にあったのです。(訳は、明倫学者のスタッフの方)

 

トラックバック
Trackback URL

管理者の承認後に表示します。
一覧に戻る
ページトップへ

宿泊予約はこちら

お問い合わせはこちら