1. ホーム
  2. 料理

料理

究極の常茂恵料理

懐石の流れを守り 今に伝える逸品

「全国からお越しいただくお客様をおもてなしするにふさわしい本物の萩の味をお楽しみください。

私たちは、萩の迎賓館の宴に相応しいお料理をお出しする責任があります。
真面目に素材と向き合い、上質の材料で最上のお料理を提供することを信条としています。
老舗の伝統を守りながら、その上でさらにお喜びいただけるお料理を目指し続けます。

食へのこだわり

地産・地消への取り組み
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「山口食彩店」に加盟し、積極的に山口県産の食材を取り入れています。
平成17年6月「食品衛生優良施設」として山口県知事表彰を受けました。

部屋食にこだわります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夕食は、お部屋食が基本です。
部屋食は、時代が変わっても、変わらないもてなしのこだわりです

お客様のリクエストにお応えします
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
苦手なもの、召し上がれないもの、アレルギーはございませんか?
事前にお知らせいただければ出来る限りお客様のご要望にお応えしております

単品料理

  • 甘鯛塩焼き 通年

    桜を思わせる艶やかな薄紅色の姿。
    柔らかな食感と、噛むほどに増す。ほんのりとした甘み。
    甘鯛は、ほぼ一年を通して美味しくお召し上がりいただけます。
    萩近海の見島沖で水揚げされる甘鯛は、高級品として流通する食通垂涎の的。
    萩を語る上で欠かせない海の幸です。

    料金1匹(約2人前) 10,000円(税別)
  • おこぜ薄造り 5月~9月

    当宿でご用意するのは、おこぜの仲間で最も美味しいオニオコゼ。
    萩沖で水揚げ、直送された新鮮な極上品です。
    純白に輝く身は、上品な甘味と旨味を備え、歯ごたえも実にほどよく、
    「夏のふぐ」といわれる幻の味を、ぜひご堪能ください。


    料金1匹(約2人前) 10,000円(税別)
  • うに飯 5月~9月

    主に当宿で使用するのは、全国有数の産地である北浦地区産の
    ムラサキウニやバフンウニ、クロウニ。
    姿や色に違いこそあれど、大きめの粒一つひとつに潜む雑味のない
    甘みと濃厚なコクはまさに絶品。鮮度の良さはいうまでもありません。


    料金1人前 時価
  • とらふく刺し 10月~3月

    プリップリの食感、たんぱくなのに深みのある味わい…
    かめばかむ程、口の中に広がるおいしさをご堪能ください。


    料金1人前 5,000円(税別)
  • 萩の地酒

    おいしい食事に合わせておいしい地酒はいかがですか?
    萩は、山口県でも上位を争う銘酒の産地です。
    美しい水と酒造りに欠かせない美味しいお米、そして豊かな自然と歴史に育まれた萩の地酒は、萩の旅情をいっそう楽しいものにしてくれます。

    「喜一郎」
    萩の市中で名杜氏・南野清美が酒を醸す長陽福娘。
    中でも、喜一郎は傑出した出来映えの辛口純米酒。

    「澄川」
    軽みのあるスッキリとした飲み口の辛口純米酒。

    「長門峡」
    ほのかな吟香をまとったキレの良い純米吟醸酒。

料理長のご紹介

  • 料理長自らが肌で感じた萩の季節を料理で表現すること。

    それが常茂恵の料理に対するこだわりです。

    それぞれの季節を感じながら、見ても食べても楽しめる料理を作ることが重要と考えます。
    それは、順に運ばれる料理の見た目も味もストーリー化させるということです。
    魚は萩のもの、野菜も日本国産のその時々の美味しいものを使用します。
    季節毎に旬の食材をベストな調理法で提供し続けています。